≪ 情報協トップページへ戻る
マイナンバー制度を理解するマイナンバー実務検定

パソコン速記検定試験
パソコン速記検定試験は、従来の書面の入力や、文書の作成能力とは異なり、ビジネス会話や説明文をヘッドホンから聞いて、ダイレクトに入力する能力を、正確さとスピードを中心に認定します。

■ 試験内容 ■

速記者認定 1級 準1級 2級 準2級 3級


制限時間 10分間
入力内容 読み上げ文章をかなで入力
合格入力数 3,000文字以上 2,500文字以上 2,000文字以上 1,500文字以上 1,300文字以上 1,000文字以上
正答率基準 95%以上 95%以上 90%以上 85%以上 80%以上 80%以上


制限時間 20分間
入力内容 読み上げ文章を漢字かな交じりで入力
合格入力数 1,200文字以上 1,000文字以上 800文字以上 600文字以上 500文字以上 400文字以上
正答率基準 95%以上 95%以上 90%以上 85%以上 80%以上 80%以上
受験料(税別) 20,000円 8,000円 8,000円 6,000円 6,000円 4,000円

 試験方法
  • CD起動によるプログラム(インストールは不要)で実施します。
  • 説明文や論説文をヘッドホンから聞いて直接パソコンで入力していきます。
  • 課題1は、かなで入力を2回行います。
  • 課題2は、制限時間20分のうち前半12分間で、カタカナや漢字に変換して入力を行います。後半8分間で前半に入力した文章の校正を行います。
  • 課題1、課題2いずれも句読点及び「?」「!」等の記号の入力については、入力数にカウントしません。
  • 入力文字数はスコアで評価され、合わせて各級の合格の認定を行います。

 申込方法
  • 当協会の認定会場での受験申し込みが原則となりますので、当協会への郵送でのお申し込みは受付いたしかねます。
  • 認定会場にて当協会指定の受験申込書を記入し、同時に受験料もお支払いください。
  • 会場により複数級の受験ができない場合があります。
  • 申込の受付は先着順ですので、定員に達した場合には、申込受付期間内でもお断りすることがあります。
  • 試験は、原則として認定会場の常設機種を使用してください。
  • お支払い済みの受験料は試験施行中止等の事情がある場合以外は返還いたしません。
  • 会場により自校の生徒様のみを対象に実施する会場と外部の受験者を受け入れている会場がございます。外部受験者の受け入れが可能な主な会場は→コチラ
 合格発表
  • 当協会のホームページ上でお知らせします。→合格発表サイトはこちら
  • 試験の合否、成績などの電話や電子メールによるお問い合わせはお断りします。
  • 答案の公開、返却はいたしません。
  • 合格者には、合格証書及び認定証カードを、合格発表の1ヶ月後に、認定会場にて交付いたします。
    (交付開始後、6ヶ月を過ぎた場合交付をお断りしますのでご了承ください。)
《認定証カード》
認定証カード 認定証カード
 

■ 検定練習方法 ■

  1. 練習用ソフトで練習

    ソフト販売元のJAGAT株式会社(情報学習新聞社)のショッピングサイト【情報学習ショッピング 】へリンクします。
    当協会の認定会場で、まとめて購入を希望される場合は認定会場専用サイトをご覧ください。
    パソコン速記検定試験《タイピングソフト》ver.3.5

      パソコン速記検定試験 《タイピングソフト》ver.3.5 

     【収録内容】
       課題1(10分間):20問、課題2(20分間):3問

     【定価】
       3,086円(税込)

     対応OS:Windows XP・Vista・7・8
     CD起動のソフトです。
     収録内容は「日本語会話タイピング検定ビジネスクラスVer.3.0」と同じです。


  2. 当協会の認定会場の場合、『デモ版(対応OS:Windows XP)』をダウンロードして体験していただけます。
    認定会場専用サイトをご確認ください。
 

■ 検定試験日程 ■

実施回数試験実施日申込期間
第38回平成28年 5月1日〜14日 3月1日〜 3月31日
第39回平成28年 9月1日〜11日 7月1日〜 7月31日
第40回平成29年 1月5日〜15日11月1日〜11月30日

■ おすすめ検定 ■

  
財団法人全日本情報学習振興協会

財団法人全日本情報学習振興協会/連絡先

協会概要

協会沿革